2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り

  • Tanu工房
    木工職人を目指す夫の作品紹介ブログ。トップのイラストも自分でほいほい作っているのです。
  • 命短し恋せよ乙女リョーコ
    いろんな意味でのお友達、リョーコさんのブログ。時には泣かされ、時には笑わされ、読む方も大変なのです。
  • にほんブログ村 海外生活ブログへ">海外生活ブログ

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2013年4月19日 (金)

女性の管理職。

女性管理職100人増 15年に比率5%に (日経新聞 2013/4/1


…いや、まだそんなことを大っぴらに言うことが流行っているのかと、がっかりです。

と、白い目でみていたら、うちにも社内報が届きました。
曰く、「わが社でも女性の管理職を…」

…………エイプリルフールのネタとしては、いささかタイミングを外しているぜ、マネージャーよ!(ついでに、全く面白くない。)




男女どっちでもいいんですよ、ふさわしい人がふさわしい役職につける体制があれば。
あるいは、そんなのとっくにわかっていて、こんなコントのようなネタを出してくるんでしょうかねぇ。おしえて、エライ人たち!

ブログランキング・にほんブログ村へ

2006年6月 1日 (木)

テレビ朝日め~~(怒)

31日朝に、サッカー日本代表vsドイツの試合があったのは良いけど、あろうことかど忘れして翌朝ニュースで思い出す始末…。

せっかくドイツ代表が見られると思ったのに…(←あくまで気になるのはドイツ代表)。

ニュースを見る限るでは日本は想像以上に良い試合をやったみたいで、ちょっと惜しいことをした気が。録画しておけばよかったー。

でも、リーグ突破を危ぶまれてる中で、そんな試合をしてくれたというのはちょっと嬉しい。このままいい感じでW杯を迎えて欲しいものです。

ところで。それはそれとして。

我慢ならないのはあの実況。

某角澤アナウンサーを筆頭として、松木、福田…このメンバーの実況と解説(実況解説と言うのもおこがましい)はなんとかならんのか。選手の名前は中村俊介、ヒデくらいしか言えない、間違えて当然、相手国の選手は名前すら言えず、ただ国名を繰り返すだけ。解説というよりただの感想、しかも口調や言葉遣いが荒く、とても不快。
松木も福田サッカー関係者だけに、聞いていてこっちが情けなくて泣けてくるありさま。

そろそろこのメンバーをなんとかしろよテレビ朝日!
バレー中継にアイドルを使って勘違いしている某局もあるが、ぎゃーぎゃー騒げば面白い、と、思ったら大間違い!!仮にも日本で有数のメディアを名乗るのなら、たかがスポーツ中継とはいえもうちょっとましな報道してくれないと、こっちが恥ずかしくてしょうがないわ!

というわけで、やっぱりスカパーをいれてよかった、と思う今日この頃です。地上波よ、もう少ししっかりしてくれぃ。

そうそう、地上波と言えば、散々批判されているNHKですが、やっぱり聞いていて安心できるのはNHKだと改めて思いました。受信料払うので、なんとか盛り返して欲しいものです。メディアってのはほんと大事だよ。

2006年5月24日 (水)

復活…なのか?

やっとネットがつながった~v

と喜んだのもつかの間、残業続きで帰宅は遅く、切ない毎日が続いております。
それにしても、世の中はワールドカップに向けて盛り上がってきているというのに、全く実感が…。つーか、それよりも寝たい………。

死ぬ時は絶対会社で倒れようと誓った次第です。

では、お休みなさい。

2006年2月23日 (木)

にょろにょろ

nyoro

にょろにょろ。

その正体は……






nyoro2

私の右手でございます。





 右手首にガングリオンという良性の腫瘍が出来てたので、思い切って切除することに。
 医者曰く「これはまた立派なものやな」と嬉しそうに、切り取った腫瘍部分をデジカメで撮影していました。知的探究心に貢献できて、私も光栄です。

 お陰で右腕を三角巾で吊っている状態なのですが、怪我して分かる他人の暖かさ。外出していると、荷物を運んでくれたり、電車で席を譲ってくれたり、「お大事に」と言って頂けたり、で、つくづく日本に住んでいて良かったなぁと。

 写真挿入したから、余計レイアウト崩れてそうだ…。大丈夫かな。

2006年2月14日 (火)

他力本願かも

A:「大変だ。友人のブログで、ここが「深みのあるおもしろい文章」と紹介されている。」
B:「い、一体どこにそんな文章が…。『死後、発表されることを予期して、私憤を書きつらねること』かな。」
A:「それは筒井康隆の言葉。」
B:「じゃあ『今の為に生きろ、未来の為に夢見ろ、過去から学べ』とか?」
A:「それはイタリア人の言葉。」
B:「『冬はつとめて』。」
A:「それは清少納言。全部他人の言葉じゃないか。他力本願もいいところだよ。」
B:「実は大したこと無いのに、すごそうに見せる。これって仕事する上で必要なことじゃない。よかった、よかった。」
A:「人それを過大評価という。」
B:「どうせならハッタリと言ってくれ。」
A:「………いずれにせよ、後でがっかりされないようにな。」
 脳内で会話が繰り広げられるって、こんな感じでしょうか。
>
 えっと、多分友人は何気に紹介してくれたのだと思いますが、非常にに恐縮です。いっつもありがとね!期待に答えられるよう、悪あがきしてみます。
 あと、さ、3ヶ月以上続くよう、努力してみます……。

2006年2月11日 (土)

冬はつとめて

「雪の降りたるは いふべきにもあらず
 霜のいと白きも  また さらでも いと寒きに 
 火など 急ぎ熾して 炭もて渡るも いと つきづきし」

(訳:冬は早朝がよい。雪が降ったときは言いようもない。(以下略))

>

と清少納言はおっしゃっておりますが、嘘、嘘。

 晴れた日はまだましかもしれないけど、どんよりとした天気の日は寒いし、風は強いし…で、絶対動きたくない。自転車で仕事に行っていたときは、たった10分の距離でも耐寒レースをやっている感じでした。

 そういうわけで、冬は断然夜の方が良いです。特に晴れた日の夜空は、空気が澄んで星がとても綺麗です。

 それはさておき、数年前、冬に札幌に行った時、余りの寒さでウォークマンのワイヤーが凍って固まったことが。また、東海地方の冬の格好では全然防寒にならず、カルチャーショックを受けたことがあります。

 そんな冬ももうすぐ終わり…と思いきや、明日は冷え込むとか。がーん。

そろそろ勘弁して~。

>

余談。

本日行われたサッカー日本代表vsアメリカ戦、けっこう面白かったみたいですね。スピード感のある(ただし、前半のみ。後半はバテてしまう…)アメリカの攻撃は結構好きなんですが。

2006年2月 9日 (木)

就職活動

ブログの使い方がなんとなく分かった!

→当初の目的である「CMSを試してみる」を達成!

→満足

→ブログ終了!!

………なんて思ったり。

>

 それは置いておいて。

 只今就職活動中です。

 当初の計画なら1月中に就職先をみつけて、今頃は南米ツアーに参加…というはずだったのに、予定は順調に押してます(涙)。

 この先長く付き合っていく企業なので慎重に選ぼうと思っていますが、だからといっていつまでも未決のままではいられず、そろそろ決めたいなぁ。

 今までは、過去の経験から広告業界や営業企画系で応募していたのですが、会社訪問をしているうちに、何か違和感を感じるようになりました。人の入れ替わりが激しく、長期で仕事をするには不向きな職?」という印象を受けたのです。

 自分が忍耐強い方ならそれでも問題ないかもしれませんが、残念ながら今のところ私は「長期で仕事をする」という点においては実績がないのです。そして、今回の就職活動で大切にしているのは、「長期就業して、自分の力をつける」ということ。なので、今までの希望職種をがらりと変えました。(この結論に達するまでに時間がかかりすぎました…)

 そういうわけで、最近、いくつかメーカー系の事務を受けています。

 それにしても、技術を蓄積した会社というのはすごい!

 海外の人から日本の印象を聞く時、大抵「技術の国だ」と言っていただけます。自動車なり家電なり、海外でも日本製品が使われているのを見ると、私が作ったわけではないのに嬉しくなってしまいます。

 ただ、メーカーに就職した場合、「何のためにものを作るか」という疑問にすぐぶつかりそうなので、今のうちに答えを出しておく必要がありますが。

 いずれにせよ、1次面接を突破できますように!!試験もそれなりに出来ていますように!!!

 そして、無収入間もちゃんと待ってくれる家族に感謝、です。

2006年2月 4日 (土)

初心表明

皆もすなるブログといふものを、私もしてみむとてするなり。

 CMS(Contents Management System)というものがどんなものなのか試してみたくて、ブログに挑戦してみることにしました。「CMSを導入すれば、テキスト制作者はHTMLなどの知識を習得する必要はなく…」とのことですが、HTMLの知識は必要なくともブログの触り方の知識が必要なようです。使い方がよく分からなくて、結局困ることになっております。

 ところでブログ=日記のようなイメージがあるけど、それは間違っていないのでしょうかね。

 そして日記というものは「死後、発表されることを予期して、私憤を書きつらねること(筒井康隆/乱調文学大辞典)」らしいです。死後発表していただけるようなネタを探さねばならず、書く方の努力も相当なものですな。

まあいいや。

 どちらにせよ、私は夏休みの日記も最後の3日で完成させたクチでして、すぐ飽きる可能性が大。まあ、3ヶ月でも続けば儲けものでしょ。